iconaの白衣は、こだわりの本開き(本切羽)

袖口のデザインで本開き(ほんびらき)・本切羽(ほんせっぱ)という言葉を
聞いたことがありますか?

本開き(本切羽)とは、スーツの袖口の仕様のことで、
袖口のボタンを留めたり外したりできる形のことです。

既製品のスーツは、飾りボタンが多く、外せるように見えても
実際は留めたり外したりができなくなっています。
あまり意識してみないところですが、ふと自分のスーツを見たら、
飾りボタンだったということも
あるかもしれません。

なぜ袖にボタンがついているなのか、気になる方もいらっしゃるかと思いますが、
フランスの皇帝ナポレオンが袖のボタンをつけたと言われています。
兵隊たちがジャケットの袖で鼻水を拭いていたそうです。
それを見かねたナポレオンは袖で拭くことができないように、
袖にボタンを付けたといわれています。

その時は、袖のボタンは外せる必要はありませんでした。

診療や手術をする時に、袖をまくる必要があった医者のため本開きで
仕立てたのが始まりとされています。

iconaの白衣は
現役の高級オーダースーツ、シャツ屋が監修し、着心地、シルエットにこだわりました。

本開き

ボタンは5個使用して、一つ一つを少しづつ重ねた「重ねボタン」にし、
袖口を本開き(本切羽)にしました。
ボタンホールは斜めに縫ってあります。
職人の技術が必要な珍しい仕様です。
ボタンを外して腕まくりをすれば、パイピング処理した綺麗な袖裏が表れます。
パイピングをカスタマイズして、腕時計のベルトの色と合わせてみませんか?

おしゃれになること間違いなしです。

本開き ミスティックパープルのパイピング

ミスティックパープルのパイピング

メンズ・レディースすべての長袖の白衣で、本開きのカスタマイズをすることができます。
※レディーズのメイクシルエットコートのみ、カスタマイズ料金なしで本開きになります。

本開きでミスティックパープルのバイピング

高級感あふれる本開きの白衣を着てみませんか?
ぜひiconaで、こだわりの本開きの白衣をお試し下さい。

「occhi」が選ばれる理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です