白衣の天使と言えばナースキャップ!! ナースキャップに関する知識を深めましょう!!

皆さんは看護師と聞いた時、ナースキャップを着用した看護師を想像されると思います。
しかし、現代ではそのような看護師はあまり居ません。
そもそも、何故看護師はナースキャップをつけるのでしょうか。
その疑問を解決するためにも、白衣の天使の象徴ともいえるナースキャップについてお伝えします。

・看護師がナースキャップを付ける理由

元々、白衣やナースキャップというのは、修道女が看護活動を行う際に着用する服装を簡略化したものです。

それが時代の経過とともに、一人前の看護師に成るための儀式として行われる戴冠式で渡されるようになりました。
つまり、ナースキャップというのは、一人前の看護師という証なのです。

・最近、ナースキャップを着用する看護師が少ない理由

看護師の象徴とされるナースキャップでしたが2つの理由によって、着用する人が少なくなっていきました。

1つ目は、衛生面です。
ナースキャップに細菌や埃が付着してしまうため、衛生面において好まれませんでした。

2つ目は、かぶり方です。
ナースキャップはピンでとめて着用します。
そのため、勤務中にずれたり、落ちてしまったりする事態が多かったため、着用する人が少なくなっていったのです。

今回は、ナースキャップについてご説明しました。
看護師の象徴であったナースキャップも、実用的でないため廃れていってしまったのです。
もしかしたら、他の物も時代の変化によって変わっていくかもしれませんね。
あなたの身の回りの物に目を向けて、時代の変化に対応していきましょう。

「occhi」が選ばれる理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です