白衣のポケットに入れるべきアイテム!! 基本となるメモとペン!!

皆さんは白衣のポケットに何を入れていますか?
きっと病院内の活動に欠かせないアイテムであったり、社会人として必要なモノだったり、人によって様々なモノを入れていることでしょう。
医師の他にも、医療現場で活躍する人にとって、白衣に備えられたポケットは、その人達の活動を支える重要な存在です。

それを活かせるかどうかによって、貴方の仕事をこなせる量も変わるでしょう。
これで、白衣の胸ポケットがただのポケットではないことを、理解して頂けましたでしょうか。

今回から3回に渡って、白衣のポケットの活用の仕方をお伝えします。
それらを参考に、白衣の使い方を見直しましょう。
初回となる今回は、メモとペンをオススメします。

メモとペンは医師以前に、社会人として欠かせないアイテムですよね。
しかし、その重要度は他の社会人より高いです。
患者さんの命に関わっている以上、医師同士、看護婦との会話、患者さんとの会話のどれもが、忘れてはいけない事ばかりですよね。

そのためにも、メモとペンは最低限備えておかなければなりません。
ポケットがたくさんあったり、大きかったりすれば、使い分けることもできます。
会話によって、使い分けができるように工夫をしていきましょう。

今回は、白衣のポケットの活用の仕方として、メモとペンをご説明しました。
使い分けるとはいえ、備えすぎて混乱することが無いように注意しましょう。

「occhi」が選ばれる理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です