月別アーカイブ: 2017年11月

クラシコのレディースLUXEで魅力をより高める!! 女性の魅力を高めるこだわりとは!

最近では、女性の医師も活躍する場面が増えました。
それに伴って、女性に向けた白衣も次々と販売されています。

しかし、まだまだ十分な種類があるとは言えないでしょう。

ぜひ、クラシコのレディースLUXEに注目してみてください。
きっと、あなたの理想を叶えられるはずです。
今回は、そんなレディースLUXEに込められたこだわりについてお伝えします。

・デザイン
レディースLUXE は1つボタンのチェスターコートです。
これだけなら、他のメーカーにもあるでしょう。
しかし、注目して欲しいのはこの先です。

レディースLUXEはグレイッシュとブラウンを基調として作られています。
それによって、柔らかさとエレガントさが実現しました。

これを着たあなたを他の人が見たら、明確な違いは判らなくても、直感的に女性的な魅力を受けます。
無機質な白衣に、女性らしさをもたらして、あなたの魅力を高めませんか。

・シルエット
レディースLUXEでは、縦ラインを意識してシルエットが形成されています。
それを着た女性を見たら、女性らしさと凛々しさを感じること間違いなしです。
少しウエストがシェイプされていますが、それが気に成らなくなるほど良さがあります。
この白衣を着て、シルエットを変えてしまいませんか。

今回は、レディースLUXEに込められたこだわりについてご説明しました。
白衣は安い買い物ではありませんよね。
せっかく新しいものを手にするのですから、少し背伸びをしてでも、レディースLUXEのような良い白衣を手に入れましょう。

「occhi」が選ばれる理由

白衣の天使だって女の子!! 男性が好きな髪型って? ~ショートヘア編~

女性の命ともいわれる髪。

女性の命ともいわれる髪。

看護師だと、ケアをする時間もほとんどないのではないでしょうか。

「気が付いたら荒れてた…」せっかく長い髪なのに、このような状況にしたくないですよね。

もしかしたら、その状況を危惧してショートヘアにされた方も居るでしょう。

この髪型、好んでいる男性が は多いのです。これを機に、短い髪の魅力を感じてみませんか。

今回は、男性が好む髪型として、「ショートヘア」をお伝えします。
・ショートヘアの魅力ショートヘアは男女問わず人気を集めるヘアスタイルです。

清潔感があるだけでなく、勤務中も髪型を意識しないで良いため、好んでショートヘアを選ばれている女性もいらっしゃいますよね。

その方々は、髪を耳にかけてみてください。この髪型から、女性らしさを受ける男性が大勢いらっしゃいます。ちょっとした違いでも雰囲気は大きく変わるのです。

ショートヘアにした経験がない方は、ショートボブから始めてみてはいかがでしょうか。

ショートボブはパーマをかければ、可愛らしいアレンジをすることができます。

アレンジを楽しむためにも、ショートヘアにしてみませんか。

今回は、男性がショートヘアに感じる魅力についてご説明しました。

男性は長い髪だけを好むわけではありません。

今一度、男性が好む髪型について認識を改めてみませんか。

「occhi」が選ばれる理由

白衣の天使だって女の子!! 男性が好きな髪型って? ~ミディアムヘア編~

皆さんは、今の髪型をどのように選ばれましたか?
自分に合った髪型にした人が居れば、仕事に適した髪型にした人も居ますよね。

でも、理想の髪型はそのどちらでもありませんよね。
一番は、「男性が好きな髪型」ではないでしょうか。

この記事を参考に、髪型で悩む時間を減らしませんか。
今回は、男性が好む髪型として、「ミディアムヘア」をお伝えします。

・ミディアムヘアの魅力
ミディアムヘアから生まれる女性的な雰囲気を好む男性は多いです。
ナチュラルな可愛さが魅力を高めるミディアムボブでも、それは変わりません。

パーマをかけたふんわりとした髪型は、女性からも人気を集めていますよね。
職場によっては、肩に髪がかかる時はくくるように言われている人も居るでしょう。

パーマがかかっていれば、アップスタイルでも女性らしさを醸すことができます。
少し印象を変えてみたい人は、パーマをあててみてはいかがでしょうか。
ストレートの人ほど、雰囲気が大きく変わりますよ。
ミディアムヘアで、女性らしさを高めませんか。

今回は、男性がミディアムヘアから感じる魅力についてご説明しました。
ふんわりとした髪型は、男女両方から好意を集めます。
ミディアムヘアにする方は、パーマをかけて、女性らしさをさらに引き出してみませんか。

「occhi」が選ばれる理由

白衣の天使だって女の子!! 男性が好きな髪型って? ~ロングヘア編~

看護師は多忙ですよね。
「美容室に行きたいけど、そんな時間がない!!」という方もいらっしゃるでしょう。

そのため、髪型をあまり気にしない方もいらっしゃいます。
けれども、女性である以上、男性からの視線が気に成りますよね。
できれば好意を抱いてもらいたい事でしょう。

今回は、そのような方に向けて、男性が好きな髪型として「ロングヘア」をお伝えします。
この記事を参考に、髪型を変えてみませんか。

・ロングヘアの魅力
長い髪に女性らしさを感じる男性が多くいらっしゃいます。
ナチュラルロングが最も人気が高く、好感度も高いそうです。

しかし、ロングヘアで施術することは難しいでしょう。
ほとんどの人がアップスタイルで勤務されると思います。
「せっかくの髪型も意味ないじゃん…」
このように思われる方も居るでしょうが、問題ありません。

何故なら、仕事中のアップスタイルとプライベートのロングヘアでギャップが生まれるからです。
そのギャップを知った男性は、自分でも気づかないうちに好意を抱いてしまうかもしれませんよ。
ロングヘアにしてみたい方は、ナチュラルロングにして男性を魅了してしまいましょう。

今回は、女性のロングヘアに対して男性が抱いている魅力についてご説明しました。
女性からの視点と男性からの視点では、髪型から受ける印象が大きく異なります。
身近に相談できる異性と、髪型について話し合ってみてはいかがでしょうか。

「occhi」が選ばれる理由

白衣の着こなし術!! ボトムスでかっこよく引き締めましょう!!

皆さんは仕事中、ボトムスとしてどのような服を着用していますか?
白衣はゆったりとしていますが、意外に身体のラインはわかってしまいます。

それを知らずに着続けると、恥ずかしい思いをしてしまうかもしれませんよ。
これを踏まえたうえで、オススメのボトムスはラインを引き締められるボトムスです。

白衣をボトムスと組み合わせて、見た目を引き締めませんか。
今回は、ボトムスを使った白衣の着こなし術をお伝えします。

・パンツの場合
クロップドパンツはいかがでしょうか。
ゆったりとした上半身を、ピッタリした下半身で引き締めてみましょう。
足元はローヒールにすると、よりかっこよくすることができます。
ローヒールであれば動きやすさも問題ないため、一度試してみてはいかがでしょうか。

・スカートの場合
タイトスカートをオススメします。
仕事後のお出かけ用に、ミニタイトスカートを履いて出社しても、白衣を着ていれば裾を気にすることなく勤務できるでしょう。

ロングなフレアタイプのスカートも良いかもしれませんね。
しかし、全体的に重心が低くなってしまいます。
インヒールのスニーカーと組み合わせてみましょう。
今まで挑戦したことのない格好が想像以上に合っているかもしれませんよ。

ボトムスが変われば、見た目が大きく変わりますよね。
他の人からの見え方を意識して、白衣を着こなしてみませんか。

「occhi」が選ばれる理由

白衣の着こなし術!! インナーで自分を表現しましょう!!

皆さんは、仕事着である白衣をどのように着こなしていますか?
色の組み合わせが面倒で、白衣で全身を覆ってしまう方も居るでしょう。

しかし、白衣で覆っても見える部分はあるのです。
全身が白い分、見える部分が目立ちます。

これまで気にしたことが無かった人も、これを機に意識してみませんか。
今回は、インナーを使った白衣の着こなしについてお伝えします。

・インナーは自分の強みを活かせる色を選ぶ
白衣から見える部分としては、インナーが代表的でしょう。
この部分を注意するかどうかで、他の人の印象が大きく変わりますよ。
白はどんな色でも合いますが、オススメなのは、自分の強みを生かせる色を選ぶことです。

好きな色も良いですが、瞳のカラーや顔色を良く見せられる色にしてみましょう。
インナーを変えるだけで、見え方が大きく変わります。
白は鮮やかな色も派手にせず、印象に残りやすくしてくれるのです。

パステルカラーの服を着用される際は、足元も同系色にすると可愛らしい印象を与えられます。
インナーを上手に扱って、他の人からの印象を操作しませんか。

初対面の人と接することが多い看護師では、他の人からの見え方が重要ですよね。
今後の施術を取り組みやすくするように、インナーで白衣を着こなしてみませんか。

「occhi」が選ばれる理由

白衣の上にカーディガンを着るなら色に注意!! 避けるべきカーディガンの色とは!!

カーディガンを着用した時の温かさは、他の物では味わえませんよね。
愛着されている方も居るのではないでしょうか。
ところで、カーディガンの色について注意をしましたか?

看護師という仕事上、避けた方が良い色が存在するのです。
仕事に適した色のカーディガンを着用して、不安なく勤務しませんか?

・黒や紺は避ける
黒や紺色など、暗くて濃い色のカーディガンは避けてください。

もし、施術中に患者さんの血液がカーディガン付着してしまった場合、それに気が付かない可能性が高いです。
そんなカーディガンを着て、病院内を歩き回れば、院内感染を引き起こしてしまう場合もあるでしょう。

その上、ニットで作られたカーディガンは、そう簡単に洗濯できませんよね。
服の構造上、清潔な状態にしにくい事も、色に気を付けなければならない理由になるでしょう。
何事にもメリットとデメリットがあるのです。
カーディガンの色に注意して、清潔な状態で施術するようにしてください。

今回は、避けるべきカーディガンの色についてご説明しました。
白衣という真っ白な服に合わせるカーディガンの色選びは悩みますよね。
カーディガンの色をしっかり選んで、上手に着こなしませんか。

「occhi」が選ばれる理由

白衣で冬を乗り切るにはカーディガンが一番!! 着用する時に気を付けて欲しい事とは!!

寒さをしのげるだけでなく、柔らかい印象を与えられるカーディガン。
着用したい人は少なくないでしょう。

しかし、ケア中のカーディガン着用をNGとしている病院は多いそうです。
長袖の袖口が患者さんの傷口に触れるのは怖いですよね。
けれども、病院によってはケア中のカーディガンの着用が認められています。

その場合、条件が定められているようです。
それらを踏まえて、施術に影響が出ないようにしませんか。

・エプロンを着用する
カーディガンの扱いは一般的に厳しいですが、白衣と共にカーディガンを支給している病院もあります。

そのような病院では、ケア中の着用が認められることもあるそうです。
その場合、エプロンの着用が義務付けられています。
カーディガンの繊維が患者さんの血を付けてしまったり、飛沫が付着したりするのを防ぐためでしょう。

寒い冬でも温かいのは嬉しいですが、少し動きにくそうですね。
実際、動きにくいからカーディガンを着用しない看護師の方も居るそうです。
動きにくさよりも温かさを重視する場合は、仕事への支障が出ない方法を考えてください。

今回は、カーディガンを着用する際の条件をお伝えしました。
カーディガンの着用が認められている病院では、クリーニングの際、カーディガンを白衣と一緒に出す事を許可してそうです。
いつまでも同じカーディガンを着続けるのは、衛生上よくありませんよね。
カーディガンと上手に付き合って、快適な環境で施術できるようにしませんか。

「occhi」が選ばれる理由

白衣の着こなし術!! ポケットを活かしましょう!!

皆さんは白衣のポケットをどのように使っていますか?
仕事に使う小道具を入れていることでしょう。

実は、そのポケットも白衣の着こなしに必要な要素の一つです。
ポケットを活用することで、他の人にはマネできない着こなしができるかもしれませんよ。
では、ポケットはどのような使い方ができるのか確認していきましょう。

・ピンバッジを付けてみる
応援しているスポーツチームや好きなキャラクターのピンバッジを付けてみてはいかがでしょうか。
数もたくさんありますし、ユニークなデザインの物がたくさんあります。
もしかしたら、患者さんと打ち解けるきっかけに成るかもしれませんね。
自分に合ったピンバッジを探してみてはいかがでしょうか。

・トップの部分を意識する
筆記用具などをポケットに入れている方は、トップの部分を意識してみましょう。
可愛くデザインされたり、カラフルなデザインだったりして、あなたの見た目を鮮やかにしてくれます。
仕事に欠かせない筆記用具も見た目を意識して、選んでみてはいかがでしょうか。

今回は、ポケットを使った白衣の着こなし術をご説明しました。
小さなところを意識するからこそ、着こなしは映えるのです。
ポケットで白衣を彩ってみませんか。

「occhi」が選ばれる理由

白衣で冬を過ごすのはキツい!! なんでカーディガンの着用がNGなの!?

寒さは精神に影響を与えます。
いつもより他人の言動に敏感に成ってしまいますよね。
寒さ対策を講じても、別の問題が生じてしまうでしょう。
一番理想的な対策は、カーディガンの着用ではないでしょうか。

しかし、着用NGの病院はたくさんあります。
では、何故、カーディガンの着用がNGなのでしょうか。
今回は、その理由についてお伝えします。

・院内感染を蔓延させてしまう可能性が高い
ほとんどのカーディガンは長袖です。
もし、カーディガンを着用して、患者さんのケアを行ったら、皮膚や飛沫が袖口についてしまうでしょう。

そのようなカーディガンを着て、院内を動き回れば、病院中に汚れや菌をまき散らしてしまうのです。
寒さを理由に、そのような院内感染を引き起こしたくはないですよね。
カーディガンを着用したい人は多いでしょうが、仕事における影響について考えてみませんか。

今回は、カーディガンの着用が禁止されている理由についてご説明しました。
カーディガン以外の寒さ対策を講じる際にも、今回お伝えした内容を思い出してください。
寒いのは苦痛です。
しかし、ただでさえ苦しい状況にある患者さんを、更に過酷な状況にしたくないですよね。
仕事に影響が出ない対策を行って、冬を乗り越えませんか。

「occhi」が選ばれる理由