月別アーカイブ: 2017年3月

4月ご注文分のお届け予定(目安)のお知らせ

※ただいま春の繁忙期につき通常より多めに納期を頂戴しております。

※下記日程はあくまで目安であって、受注状況により多少前後しますことを
あらかじめご了承くださいませ。

※下記納期に近い日でのお届けの「急ぎ」も有料にて承っております。お問い合わせくださいませ。

★4/1(土)~4/15(水)にご注文(ご決済)頂いた商品

お届け予定日 ⇒5/2(火)~5/16(火)前後

★4/16(木)~4/30(日)にご注文(ご決済)頂いた商品

お届け予定日 ⇒5/16(火)~5/30(火)前後

数ある白衣メーカーの中で、iconaをご検討・ご注文頂きまして誠にありがとうございます。

iconaは、お客様からのコダワリ のオーダーを受けて1パーツ1パーツ職人が裁断・縫製するオーダーメイド白衣をお届けしております為、他店よりもお届けまでのお時間を頂いております。

この度一か月の受注枚数を限定させて頂くことになりました。

※受注可能枚数を上回る受注を頂いた場合には、お客様に納期についてご連絡致します。

納期についてご納得頂けない場合にはキャンセルも承ります。(その場合は、2日以内にご連絡をお願い致します。)

ご注文を頂いた順番にお仕立てしておりますが、一日に生産できる白衣の数には限りがある為、

楽しみにお待ち頂いているお客様には誠に申し訳ございません。

「occhi」が選ばれる理由

医療現場でも活躍!色の持つ心理効果とは?~灰色(グレー)編~

灰色は、グレーやねずみ色などたくさんの呼ばれ方がある色です。
無彩色である白と黒の両方の性質を持ち合わせたこの色は、どちらとも異なった心理効果を持っています。
今回はそんな灰色についてお話ししたいと思います。

・灰色(グレー)の心理効果
「グレーゾーン」という言葉の存在する通り、「曖昧な」「はっきりしない」という意味を持つ色です。
そのため灰色のものについつい目が行ってしまうというような時は、何かもやもやと思い悩んでいたり、不安な事があったりする証拠かもしれません。
灰色と聞いて思い浮かぶものには、どんよりと曇った空や、道路や建物にも利用されるコンクリート、工場から排出される煙など、無機質なものの割合が多いと言えます。

ポジティブイメージが少なく思われる灰色(グレー)ですが、実はファッションに取り入れると洗練されて、センスが良く見える色です。
例えばグレーのスーツは上品で落ち着いた印象を与えるため、様々なビジネスシーンで活躍が期待できます。

また、グレーをコーディネートのメインカラーとしない場合も、色として主張しすぎないために他の色を引き立てる効果があります。

iconaでは、白衣のボタンをグレーのボタンへのカスタマイズも行っています。
クールな印象やクリニック等の色調にあわせる場合は最適ですね。

「occhi」が選ばれる理由

医療現場でも活躍!色の持つ心理効果とは?~茶色編~

広大な大地の色や、木の幹の色を思わせる茶色は、緑と同じく自然を表す代表的な色ではないでしょうか。
暖色である赤や橙に黒が加わったこの色からは、どこか懐かしい温もりを感じます。
また、和食でおなじみのお味噌汁や煮物、大好物の人も多い焼肉、嗜好品ではコーヒー、チョコレートやキャラメルなど、食べ物にも多い色です。
今日は、そんな私たちにとって身近な茶色に注目してみましょう。

・茶色の心理効果
心理効果には、緊張を緩和する、信頼感・安定感を与えるなどがあります。
自然に調和するため、飽きることが少ない色です。
特に長く愛用するインテリアには、木目調のものなど茶色がメインの家具を取り入れることで、飽きの来ない落ち着いた空間を演出することができます。

iconaのカスタマイズで、白衣のボタンを「茶色」「ブラウン」にしているご注文も時々見受けられます。
クリニック等の色調に合わせられているのではないでしょうか。

色としては目立ちにくいため、「地味」と言われてしまいがちですが、身に付けると自然と落ち着いた印象を与えることができます。
単色で身に付けるのに抵抗があるという方は、白を基調としたシンプルなコーディネートに、スカーフやパイピングなどで差し色として取り入れてみるのが良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。
次回は「灰色(グレー)」の心理効果をご紹介します。

「occhi」が選ばれる理由

医療現場でも活躍!色の持つ心理効果とは?~紫色編~

みなさんは「紫色」に対してどのような印象をお持ちでしょうか?
赤と青の混合色である紫色は、赤と青の割合によって幅広い色域が作り出されます。
今日はそんな紫色に注目してみましょう。

高貴で優雅なイメージのある紫ですが、この理由として「歴史上最も手に入りにくい色」であったことが考えられます。
東洋では、紫色を作り出すのに「紫草」という植物の根(紫根)から採れる染料を用いていましたが、濃い紫色に染め出すには大変な手間がかかったようです。
このことから、紫は飛鳥時代に聖徳太子が定めた冠位十二階でも最上位の色でしたし、富と権力の色としても用いられました。
一方で、西洋でも貝の体液から「貝紫」という染料を得ていましたが、1gの染料を得るのに200個もの貝が必要であったことから、紫は東洋と同じく大変貴重な色でした。

また、日本ではパープルもバイオレットも「紫」とひとまとめに呼ばれますが、パープルは赤紫寄りの色、バイオレットは青紫寄りの色を指すそうです。
相反する色の組み合わせで出来ていることから、心理効果としては、優雅で上品な印象を与えたり、一方で派手で性的な印象を与えてしまったりと、二面的な効果があります。
そのため、身に付けるときは色の組み合わせやTPOに注意が必要です。

次回は「茶色」の心理効果をご紹介します。

「occhi」が選ばれる理由

医療現場でも活躍!色の持つ心理効果とは?~藍色編~

深い海の底や宇宙を思わせるような深い藍色(インディゴ)は、見ているだけで私たちに落ち着きをもたらしてくれます。
藍色は青色の仲間ですが、青色とはまた異なった心理効果を持っています。
今回は、そんな藍色についてお話ししたいと思います。

・藍色の心理効果
青色が横に広がりのある色であるとするならば、藍色は同じ青系統の色でも、縦に深みのある色です。そのため藍色は落ち着きや安らぎを与え、自分の心の奥深くを見つめる時に力を貸してくれます。
また、藍色には心理的な収斂(しゅうれん)作用があるため、鎮痛作用や解熱効果のある医薬品のパッケージにも用いられています。

日本で青といえば、「サムライブルー」と呼ばれているサッカー日本代表のユニフォームに使われている鮮やかな青のイメージがあるかもしれません。
しかし、伝統的なジャパンブルーといえば「藍染めの青」のことを指します。
藍染めは、まだ着物を着て生活していた江戸時代に庶民の間で広く普及していました。
現在でも日本の各地に「紺屋町」という地名が残っているのは、藍染めの染物屋が「紺屋」と呼ばれていた名残のようです。

いかがでしたでしょうか。
次回は「紫色」の心理効果をご紹介します。

「occhi」が選ばれる理由

医療現場でも活躍!色の持つ心理効果とは?~橙(オレンジ)色編~

オレンジ色の美しい夕焼けの空に、学校帰りや仕事帰りに時間を忘れて見入ってしまった経験のある方は少なくないでしょう。
原色である赤色と、黄色の中間に位置する色である橙(オレンジ)色は、そのマイルドな色味から、暖色の中でも万人受けする色と言えるのではないでしょうか。
今回は、橙色にはどのような心理効果があるのかご紹介したいと思います。

・橙(オレンジ)色の心理効果
橙色はたくさん存在する色の中でも、最も食欲をそそる色であると言われています。
療養中で食欲があまり湧かない方などには、食器やランチョンマットに淡めの優しいオレンジ色を使用すると良いかもしれません。
橙色は温もりを感じるカジュアルな色であり、緊張を和らげる効果もあります。
食品に多い色なので、日常的に見ていることから親しみを感じやすい色です。
「ビタミンカラー」を感じさせる濃いオレンジ色は、身に付けると活発な印象を与えることから、救命救急の現場(AEDなど)でも用いられています。

いかがでしたでしょうか。
橙色は多くの人に好意的に見られる色ですので、医療現場でも活躍する機会は多いことでしょう。
次回は「藍色」の心理効果をご紹介します。

「occhi」が選ばれる理由

半袖白衣とスクラブはどっちがおすすめ?

以前にこちらのブログで、「半袖白衣」の魅力をお伝えしました。半袖白衣の魅力はその見た目からもお分かりいただけるように、「涼しいこと」と「作業がしやすいこと」です。
今回は、同じくこの2つの特長を持ち合わせた「スクラブ白衣」と比較し、選ぶ際の参考にしていただければと思います。

半袖白衣はその名前の通り、白衣の半袖バージョンです。清潔感のある白衣の見た目をキープしつつ、身軽そうで活発な印象を与えることができるため、「スクラブだとカジュアルすぎるかな」とお考えのドクターにもチャレンジしやすいです。
一方でスクラブは以前もご紹介した通り、なんといっても豊富なカラーの中から選べるのが魅力です。
「無機質な病院内を明るい印象にしたい」という方や、「白衣の下にサラッと着たい」といった方にもおすすめです。

一般的な(長袖の)白衣では、「圧迫感、威圧感がする」「話しかけにくい」と感じてしまう患者さんも一定数いらっしゃるようです。
半袖白衣やスクラブで印象を変えてみてはいかがでしょうか。オーダー白衣通販専門店のicona(アイコナ)では、ショートスリーブの白衣もご用意しております。ぜひチェックしてみてくださいね。

「occhi」が選ばれる理由

機能性抜群!「半袖白衣」の魅力をご紹介します!

春らしい陽気が近づき、気温も高くなってまいりました。
今日も病院で頑張っていらっしゃるお医者様は、服の上に白衣を羽織った「重ね着」の状態になっていますので、中にはそろそろ「暑い」と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、そのような方にもぴったりの「半袖白衣」をご紹介したいと思います。

半袖白衣の魅力その1:何よりも涼しいこと
患者さんと向き合うお医者様は、何らかの症状を抱えて不安になっている患者さんに安心感を与えるためにも「第一印象」が大切になります。暑いからといってだらだらと汗を流していては「清潔感がない」と思われてしまい、信頼を失いかねません。
半袖白衣で涼しくスッキリと好印象を手に入れましょう。

半袖白衣の魅力その2:作業がしやすいこと
通常の長袖白衣のように袖口が下がってくることがないため、カルテの記入や診察など、普段のルーティンワークでもスムーズに行うことができます。

半袖白衣の魅力その3:感染を防ぐことができる事
ネクタイや、白衣の裾、また袖は常にアルコール消毒できません(しません)。そういった所から雑菌等が病室を超えていく可能性が高いと言われています。腕時計も感染の原因になるとして、数年前に東京女子医科大学病院では検査の対象になり、医師の腕時計は禁止なっているそうです。
半袖の白衣であれば安心ですね。

当店の半袖白衣は、シルエットはもちろん袖口の形にもこだわり、スッキリとした細身に仕上げております。

白衣と言えば長袖が一般的なので珍しいかもしれませんが、これからの季節に、ぜひ半袖の白衣を取り入れてみてはいかがでしょうか。

「occhi」が選ばれる理由

「医局制度の崩壊」が患者に与える影響とは?

近年医師の自由なキャリア選択が可能になっていることは、以前ご紹介した通りです。一方で、医局に所属しないフリーの医師が増えていることで、「医局制度の崩壊」が起こっているとも言われています。これは医師の界隈だけの問題のように思えますが、実は私たちのような一般の人々、つまり患者になり得る人々にとっての影響も見逃せないようです。今回はその点に注目してお話ししたいと思います。

医局制度が崩壊するとは具体的には、医員の数が減ることで、従来の医局の中央集権的な体制が弱まり医局の力が弱くなるということです。外科のようにベテランの医師の下で学びながら徐々に技術を磨いていくような診療科、つまり院内で一定レベル以上の技術を持った医師を育て、引き継いでゆきたいような診療科にマイナスになります。一方、患者にとっては「主治医が変わる」という問題があります。主治医が医局から離れることになった場合は新しい担当の医師になりますが、患者にとっては「新しい主治医はきちんと症状を把握してくれているのだろうか」「前の先生には色々相談できていたのに」のような不安に繋がります。

医師の働き方が自由になることで、医局というネットワークに捕らわれない医師同士の交流が活発になるメリットがありますが、患者の心理状態にも注意を払う必要があると言えます。

「occhi」が選ばれる理由

医局制度のメリット、デメリット

「意外と知られていない、医師のキャリアって?」にて医師のキャリアについてお話ししてきましたが、医師のキャリアには「医局制度」が大きく関わっていることがお分かりいただけたかと思います。今回は、医局のメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

・医局のメリット
医員(医師)側にとっては、就職先に困ることがないのが最大のメリットでしょう。経験や技術が未熟な医員でも医局の関連病院に働き口を見つけてもらえるため、スキルを磨きたい若い医員には成長できる良い機会と言えます。また、研究を続けたい医員にとっても大学の後ろ盾は欠かせません。医局側にとっても、関連病院へのマンパワーの確保、雇用の安定に繋がります。

・医局のデメリット
医員にとっての大きなデメリットは、医局の人事には必ず従わなければいけないことです。もちろん個人の要望も検討した上で配属が決められますが、基本的には医局の動向や教授の意向に、自分の就職先が左右されてしまいます。つまり、辺鄙な地域や行きたくない病院に当たってしまう可能性もあるということです。

研修先から自由な選択ができる現代の医学生は、医局に所属するメリットとデメリットをしっかりと理解することが大切と言えるでしょう。

「occhi」が選ばれる理由