白衣が理由で高血圧に!? 白衣高血圧の原因とは!!

皆さんは、「白衣高血圧」という症状をご存知でしょうか。
「普段は普通の血圧だけれど、医療機関で測定すると高血圧に成る」
このような症状を「白衣高血圧」というのです。
病気や症状を治すために医療機関に通うのに、そこだと新たな症状が発症してしまうのは嫌ですよね。
しかし、この「白衣高血圧」は誰でも発症する可能性があります。
「白衣高血圧」に成らないためにも、その原因を把握しておきましょう。
今回は、「白衣高血圧」の原因をお伝えします。

皆さんは、医療機関に足を運んだ際、緊張したことはありませんか?
待合室の空気や医療機関の環境に慣れている人はほとんどいないことでしょう。
実は、それらが原因で「白衣高血圧」が発症するのです。
「白衣高血圧」はストレスや緊張による、一時的な血圧上昇であるとされています。
そのため、それらから解放されれば、血圧は正常通りとなるのです。
緊張してしまっていては、自分の言いたいことをうまく話せません。
どんな環境でも緊張しないように、様々な所に足を運び、それぞれの空気に慣れておきましょう。

今回は、「白衣高血圧」の原因についてご説明しました。
一度、自分がどのような事に緊張するかをリストにまとめてみましょう。
まとまったら、それぞれにどのような対処法があるかを考えていきます。
そうすることで、自己管理ができるようになりますよ。

便利なベンジンを扱うリスク!? 火が近くにない事を確認しましょう!!

前回の記事では、ベンジンを扱う際には通気性を良くしてほしい事をお伝えしました。
何事にも長所と短所が存在します。
揮発性には、「汚れをおとす」長所と「空気にガスが混ざるのが速い」短所があるのです。
長所と短所を把握してから、色々な物を使うようにしましょう。
前回に引き続き、今回もベンジンを扱う際の危険性についてお伝えします。
今回は、前回お伝えした事とは別の危険性についてです。

ベンジンを扱う際には、周りに火が無い事を確認してください。
冒頭でもお伝えしたように、ベンジンは揮発性に優れています。
ベンジンは原油から生成されているため、ベンジンから発せられるガスは非常に引火しやすくなっているのです。
何気なくつけたライターの火にベンゼンのガスが引火すれば、その建物に2度と居られなくなってしまう事態に陥ってしまうかもしれません。
ベンゼンを使う際には、「火気厳禁!!」という貼り紙を作って、周囲の人にも火を使わないように呼びかけましょう。

2回に渡って、ベンゼンを使う際の危険性をご説明しました。
ベンゼンの容器にも注意書きが張られています。
しっかりとそれを読んで最悪の事態に陥ってしまうのを防ぎましょう。

便利なベンジンを扱うリスク!? 換気ができていることを確認しましょう!!

以前3回に渡って、ベンジンの特徴や使い方についてお伝えしました。
今までその存在知らなかった人の中には、それらの記事を読んで、
「一回試してみてもいいかな…」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
一度、試して頂ければ、ベンジンの効果に心を奪われることでしょう。
しかし、ベンジンを扱うには2つの危険性が伴います。
それらを理解していなければ、思わぬ事故に繋がってしまうかもしれません。
今回は、ベンジンを扱う際に注意して頂きたい危険性のうち1つをお伝えします。

ベンジンを扱う際には、換気を必ず行ってください。
以前の記事でお伝えしたように、ベンジンの揮発性は非常に優れています。
揮発性が高いということは、空気にガスが混じる速度が速いということです。
もし、汚れを落とすことに躍起になり、換気を怠ってしまうと命の危険に関わる事態に陥ってしまうかもしれません。
汚れを落とす前に、自分の健康状態を脅かしてしまうなんて嫌ですよね。
そのような事態を避けるためにも、ベンゼンを扱う前には換気ができる環境が整っていることを確認しましょう。

今回は、ベンジンを扱う際には換気の状態を整えてほしいことをご説明しました。
油汚れを浮かしてしまうほどの揮発性です。
甘く見てしまうと痛い結果を見ることになるでしょう。
通気性を良くしてから、ベンジンを扱うようにしましょう。

スマホだけで手を塞がずに済む!! クラシコのスマートデバイスコート・PRO!!

現代において、スマートフォンはどの業界においても欠かせない存在になりましたよね
でも、持ち運ぶ時に片手が塞がってしまうのをネックに感じてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
常に軽量化や小型化が進んでいますが、まだポケットに入れてもはみ出たり、落としてしまったりした経験は誰もが一度はあることでしょう。
「携帯を落として、重要な連絡ができなくなっちゃった…」
こんな事態は絶対に避けたいですよね。
実は、スマホを携帯することに特化した白衣があることをご存知でしょうか。
その白衣の名は「スマートデバイスコート・PRO」です。
今回は、そんなクラシコのスマートデバイスコート・PROについてご紹介します。

この白衣の一番の特徴は右胸に付けられたポケットです。
このポケットは「スマートフォンを使うこと」に尽力して備えられました。
慈恵医大の協力を得ることで、現場の様々な活動にも落ちにくく、出しやすいポケットが誕生したのです。
そのような努力が結集して生まれたスマートデバイスコート・PROを着用して、理想的な業務遂行に勤めましょう。

今回は、クラシコのスマートデバイスコート・PROについてご説明しました。
今回ご紹介したポケットの他にも、数多くのポケットが備わっています。
この白衣を着用して、多くのモノを携え、円滑に業務を勧めませんか。

白衣の汚れはベンジンで落とす!! 最後まで気を抜かずに手入れしましょう!!

前回の記事では、ベンジンを用いて白衣を手入れする方法の前半部分をお伝えしました。
洗剤を用いているからと言って、やり方が変わるわけではありません。
シミの基本的な落とし方は変わらないため、落ち着いて行いましょう。
今回も前回に引き続き、ベンゼンを使った汚れの落とし方についてです。
今回は、白衣の汚れが目立たなくなったところから始まります。
「目立たなくなったから大丈夫でしょ」
このような考えは改めましょう。
どんな小さな汚れも月日が経つと落ちにくくなってしまいます。
目立たないからと言って見逃した汚れに悩まされないように、徹底的に落としましょう。

まず、シミが目立たなくなったら、新しい布にベンジンを染み込ませて、シミの周りを中心に向かって叩いていきます。
そうすることで、汚れていたところの輪郭が目立ちにくくなるだけでなく、目には見えない汚れも落とせるのです。
シミが移った布で叩いてしまうと、汚れが白衣に移ってしまうことがあります。
ちゃんと新しい布で叩くようにしましょう。
次に、洗濯機などで水洗いをします。
ベンジンの性能が残ったまま白衣を着用してしまうと、皮膚に影響を及ぼしてしまうことがあるのです。
そのような事態を避けるためにも水洗いをすることが求められます。
水洗いが好ましくない白衣の場合には、しっかりと乾かしてから着るようにしましょう。

2回に渡って、ベンジンを使った汚れの落とし方についてご説明しました。
汚れを付けてしまった日の最後にベンジンを使って、汚れを落とす習慣ができれば、常にキレイな状態の白衣が保てます。
キレイな白衣で仕事に臨めるようにしましょう。

白衣の汚れはベンジンで落とす!! シミ抜きの基本的な手順を守りましょう!!

前回の記事では、ベンジンの特徴についてご説明しました。
揮発性の高いベンジンは、他の洗剤よりも高い洗浄力を発揮してくれます。
他の洗剤では落とせない汚れも、ベンジンであれば落とせるかもしれません。
気になる方は、キッチンの油汚れなどに試してみてはいかがでしょうか。
「ベンジンをどうやって白衣に使えばいいの?」
前回の記事を読まれてこのように思われた方も少なくないと思います。
そのような方々に向けて、今回はベンジンを使った汚れの落とし方をご紹介します。

まずは、汚れの裏側にタオルなどの布をあてましょう。
タオルなどの布を入れなければ、別の場所に汚れが移ってしまいます。
他の布に汚れを移すのは、シミ抜きの基本です。
基本はしっかり守りましょう。
次に、ベンジンを染み込ませた布を用意して、シミを上から叩きましょう。
ここでは、軽く叩くのがポイントとなります。
汚れが白衣に広がってしまうことがあるため、シミを押さえてはいけません。
軽く叩き続けてシミを取っていきましょう。
叩き続けると、叩く布の方にもシミが移ります。
シミが移っていない所で叩くようにしましょう。

今回は、ベンジンを使った汚れの落とし方をご説明しました。
今回の記事では半分しか紹介できていないため、残り半分は次回の記事でお伝えします。

白衣の汚れにはベンジンが最適です!! その特徴とは!!

「白衣が黄ばんできたかも…」
このようなお悩みを抱えていらっしゃいませんか?
白衣は他の衣類に比べて汚れが目立ちやすいですよね。
きっと多くの方が、様々な方法で白衣を清潔に保たれていることだと思います。
しかし、時には「面倒だなぁ…」と思ってしまうこともありますよね。
だからといって、汚れたままの白衣では、着る度にストレスを感じますし、他の人からの印象も良くありません。
「面倒だけど、キレイにするしかないか…」
このような考えを続けてしまうと、白衣を見るのも嫌になる事でしょう。
それを避けるためにも、「ベンジン」を使ってみませんか。
今回は、白衣を常にキレイにするのに重宝する「ベンジン」についてご紹介します。

「ベンジン」という言葉をあまり聞いたことがない人も多いでしょう。
「ベンジン」は、油汚れを落とすことに特化した洗剤です。
洗濯機で用いる洗剤では落としきれない頑固な汚れも、ベンジンを用いることでキレイにすることができます。
その理由としては、揮発性が高い事が挙げられるのです。
ベンジンは原油から生成されるため、他の洗剤よりも揮発性が高いとされます。
揮発性が高いと、汚れなどを落としやすくなる効果が得られるのです。
それだけでなく、スグに乾くという特徴も有しているため、乾かす時間などを考慮する必要が無くなります。
一度、ベンジンの揮発性の高さを試してみてはいかがでしょうか。

今回は、白衣をキレイにし続ける「ベンジン」についてご説明しました。
今の白衣についている汚れに「ベンジン」を試して、その効果を確かめてみましょう。

これからの暑い季節には欠かせない!! クラシコのショートスリーブコート・クールテックのデザイン!!

前回の記事ではクラシコのショートスリーブコート・クールテックの通気性に注目してお伝えしました。
「従来製品の8倍の通気性」
こんなフレーズを耳にする機会はほとんどありません。
一度、その甘いフレーズに騙されて、購入されてみてはいかがでしょうか。
ショートスリーブコート・クールテックの魅力は通気性だけではありません。
そのデザインも白衣を着られてきた方々を魅了することでしょう。
今回は、クラシコのショートスリーブコート・クールテックのデザインについてお伝えします。

半袖で、ポケットが多数備わっているショートスリーブコート・クールテックは一見、カジュアルに傾倒しているように思えるでしょう。
しかし、見た時とは違い、着ることで上品さが生まれるのです。
その上品さの秘密は、深めのVゾーンとフィッシュマウス衿が担っています。
一般的に「上品」とされるスーツにデザインされている2つが白衣に備わることで、「カジュアルかつ上品」という矛盾している要素が生まれるのです。
矛盾していることによって生まれるカッコよさをショートスリーブコート・クールテックで感じませんか。

今回は、クラシコのショートスリーブコート・クールテックのデザインについてご説明しました。
通気性だけでなく、デザインにも優れたショートスリーブコート・クールテックに腕を通して、従来とは異なった夏を過ごしましょう。

いつまでもキレイな白衣を着るために‼ 糊付けをしてみませんか?

皆さんは白衣に糊付けをしたことはありますか?
あのパリッとした感触を好まれている方も少なくないことでしょう。
実は糊付けには、汚れをつきにくくする効果もあるのです。
「手間がかかりそう…」
このように思われる方も少なくないと思います。
しかし、合成粉を用いた糊付けであれば、簡単に糊付けができるのです。
今回の記事を参考に、お持ちの白衣に糊付けをしてみませんか。
今回は、合成粉を用いた白衣の糊付けについてお伝えします。

まず、洗濯機で糊付けを行う場合についてです。
脱水した後に、白衣を残し、適量の糊剤を入れましょう。
その後、3分程度洗濯機を回して脱水をします。
これだけで糊付けが完了するのです。
脱水をし過ぎてしまうと、糊が取れやすくなってしまうため、注意をしましょう。
次に、手作業で行う場合についてです。
白衣が浸かる程度の水に糊剤を混ぜて、白衣を浸しましょう。
手もみすることで、糊が白衣全体に行き渡ります。
その後に、洗濯機などで脱水させれば、完了です。

今回は、合成粉を用いた白衣の糊付けについてご説明しました。
糊剤の濃度で白衣の感触は変わります。
自分が好きな感触を見つけられるよう、糊付けを繰り返しましょう。

これからの暑い季節には欠かせない!! クラシコのショートスリーブコート・クールテックの通気性!!

「嫌な季節が近づいてきている…」
このような思いを抱かれている方も少なくないと思います。
春も終わり、着々と夏のジメジメとした暑さが近づいてきていますよね。
室内は冷房が効いていることもありますが、それでも長袖や通気性の悪い白衣に腕を通すのは気が進みませんよね。
最近では、半袖の白衣も台頭してきていますが、それでも通気性が優れていないことは少なくありません。
「夏でも快適な白衣があったらなぁ」
このような思いで夏を過ごすのは今年で終わりにしましょう。
実は、その願いを叶える白衣がクラシコから発売されているのです。
今年から冷房の恩恵を感じられる夏にしませんか?
今回は、クラシコのショートスリーブコート・クールテックについてお伝えします。

ショートスリーブコート・クールテックで注目すべきは、その通気性です。
このクールテックシリーズに備えられている通気性は、通常の白衣の8倍となっています。
今までの白衣と通気性がそれだけ違うと、想像することも難しい事でしょう。
もしかしたら、通気性に体が対応できず、風邪をひいてしまうかもしれませんね。
それほど、この製品は通気性が優れているのです。
一度、着てしまったら、夏はこれが無いと過ごせなくなってしまうかもしれませんよ。

今回は、クラシコのショートスリーブコート・クールテックについてご説明しました。
誰だって、夏の暑さは嫌です。
そんな夏で仕事に勤めるためにも、ショートスリーブコート・クールテックを選んでみませんか。